クードラパン ラパンさんのデビュー戦観戦記

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ




結果から言いますと、3着(15頭中)でした!!
パチパチパチ!!



スタートは良かったですね。
ゲート試験も一発で合格しましたし(試しで受けたらそれで合格)、センスがあると見ても良いのではないでしょうか?

しかし、出足がそれほどつかなかったのか、外枠のファジーネーブルに先に行かれましたね。
横山典騎手が結構追っていたのですが二の脚がつかないのか前へ行けず、中団前方の位置取りでレースを進めます。

この時のワイ「あぁ~、追いまくってるのに前へ行けんやん。アカン」

前レースの新馬戦勝ち馬が前残りだったのでそのレースをしてくれればいいなぁと妄想していました(同じ馬番かつダイワメジャー産駒
ダイワメジャー産駒は前で受けての勝負だとも思っています。

それでも最後の直線が近付くにつれてスルスルッと先団に並びかけていきます。





この時のワイ「いけるやん!ワイは信じてました(テノヒラクルー」

府中の長い直線。

400m、200mとゴール板が近付いてきます...!

向かえるは高低差200m



ワイ「馬力勝負や!!こっちはあのダイワメジャー産駒やぞ!なんぼのもんじゃい!!」

順調に脚を伸ばすクードラパン
外から前に残る馬たちを飲み込んでいきます。

しかし、内からするっと白い馬体はリリカルホワイト
枠・コース取りの差が出たか距離が縮まらない、逆に離されていく...。

ワイ「こちとら仕上がりの早いダイワメジャー産駒なのに...。」
なお、リリカルホワイトもダイワメジャー産駒。

ワイ「クッ、1着はどうやら厳しいな。せめて2着を!!
どの馬や?!・・・ジュアンマリエ・・・だと?」

おもいだす←

あああああああああああ!!!
時々コメントをくださるイマジンホースクラブさんの出資馬やないか!?
これは負けとられんで!!!
こちとらダイワメジャー産駒なんや、前のレースで新馬勝ちし、このレースでも勝ち上がりそうなダイワメジャー産駒なんや!!

粘ってる・・・前で受けて粘り込みを図っている・・・。
さながらワイがクードラパンに求めていたレース内容をやっとる・・・。
そんな・・・まるでダイワメジャー産駒の理想とするようなレース構想、ってこの馬もダイワメジャー産駒やったわー!!

そうなんですよねー、結局ダイワメジャー産駒のワンツースリーで決着。
新馬戦開幕週では一番人気のダイワメジャー産駒が飛んでいってしまわれたのですが今週に関しては結果を出しましたねー。

まぁ、我らがクードラパンのレース内容ですが特別悲観することもないでしょう。
あまり言いたくないのですが枠の差というのもあったでしょう。
2着に残ったジュアンマリエは前で競馬を進めて最後まで競ったわけですし、見事勝利を掴んだリリカルホワイトは内枠を生かして経済コースでレースを進めました。
クードラパンリリカルホワイトの追い出すタイミングはほぼ同時。

しかし、残り200mあたりで先に脚色が鈍ったのは終始外でレースを進めるしかなかったクードラパン
もしや距離の壁か?!と一度は思いましたが、その後にもう一伸びしているのでその可能性はそこまで高くはないかなと。
(短いとは決して思いません。やっぱりマイルがベストか?)

上がり3ハロンを見ても上位からワンツースリー。
1 リリカルホワイト 35.1
2 ジュアンマリエ  35.5
3 クードラパン   35.7
当然ながらジュアンマリエを追い抜けるわけはございませんでした...。
前で受けてこの上がりタイム...目指すべきレース運びはやはりこれか。

今後の予定は発表されてはいないのですが、どうやら放牧っぽいですね。
勝っても負けても放牧に出すようだとどこかで聞いた記憶が...。
まぁ、ずっと入厩してましたからね~、ここで一息入れてもらいましょう。
放牧先は天栄かはたまた北海道か...。
目指すは北海道開催とかではなく、夏を避けて少しは涼しくなった頃に使ってくるのではないかなとふと思いました。
4月28日と遅めの生まれですし、時間をかけて成長を待ってみるのも良いかもしれません。




クードラパン
東京6R メイクデビュー東京 芝1600m 3着

横山典弘騎手は「今日はどういうテンションになるか心配していたのですが、思いのほかドッシリ構えていましたよ。レース内容も言うことありません。スター トは良いし、好意で流れに乗って、終いはまた伸びてきたんですからね。次も変なところを出さないで、こういう競馬が出来れば良いですね」と話していまし た。
ノリさんも内容に関しては言うことはないとまで言ってくれております。
次走も是非ともノリさんに乗って欲しいなぁ~^^
最後まできちんと追ってくれてましたしねー、クードラパンに競馬を教え込んで欲しいです。

心配されていた気性面での問題も出なかったことですし、上々のデビュー戦だったんじゃないのかなと。
もちろん、勝ち上がってくれたら一番良かったのですが(笑)


何はともあれ、久保田厩舎の皆様・横山典騎手・口取り予定だった皆様・出資者の皆様お疲れ様でした!

クードラパンさん無事に走りきってくれてありがとう。
怪我がないのが何よりですからね。



クードラパン
の次走に期待しましょう!!





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック