第1回北海道地区産地馬体検査@シルク馬

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


本日、珍しく土曜にシルクHCよりメールが届いておりました。
その内容がコチラ↓


(実際にはクードラパンのところのみですが)

そうかぁ、産地馬かー。
私にとっては初体験ですね。
というか、産地馬とはなんじゃらほい?

産地馬体検査は、個体の特徴検査、馬体検査、血液の採取などを行った後に、調教師と預託契約を結んでJRAの競走馬登録を完了するもの。
検査を受けた馬は美浦・栗東の両トレーニングセンターに入厩せずに直接、函館や札幌競馬場に入厩できるメリットがある。

ほうほう。
まぁ、これから本番までに増えていきそうです。(4日間あるらしい)
受験予定の仔達が早期に始動できる組だと考えていいんですかね?
それともそこまで関係ないのだろうか。

如何せん、初のドラフト出資組なので分かりません(笑)
遅いってことはないのでしょうが。

いやー、本格的にデビューが近づいてきている感じ!
(まだまだ3ヶ月はあります)

今年のクラシック戦線を見ると早期から始動しないと賞金的に厳しい模様。
年明けデビューだと1走も失敗できないですよねー。
まぁ、クラシックを走るような馬には問題ないんでしょうが(笑)
しかし、余裕を持って逆計算ローテを組めるメリットは思いのほか大きい。



現状の受験予定馬は、すべて満口馬ですね。
ここに出資可能馬が追加されると、出資が加速するんですかねー?



そして、天栄ツアーの時点では売切れてると(笑)




クードラパン(ルシルクの13)
順調、順調♪
短い尻尾?
欠点じゃない、これはもう長所、チャームポイントよ!




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック