ナイキフェイバーの13に出資した理由

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

先日、無事に出資確定となりましたナイキフェイバーの13
誰も聞いていないのに出資理由をつらつらと書きたいと思います。

1.待てない

待てませんでした(笑)
2014年度のディープ産駒でもいいかと思ってましたが、
実際に走るのは再来年2016年。
早く走ってるディープ産駒を持ちたかったのです(笑)

そもそも2014年度のディープ産駒に出資できる保障がどこにあるのか?
私は今年の抽選結果を忘れてしまったのか?
今のところシルクHCでの募集が予定されているディープ産駒は、
スペリオルパールの14ブラックエンブレムの14の2頭。
どう考えても抽選対象です、ありがとうございました。

まぁ、ディープ産駒の募集が2頭のみってことはないと思いますが、
両馬とも牝馬なので牝馬は多くても@1頭、残りのディープ産駒枠は牡馬です。
2014年度産は、2013年度産よりも確実に値上がりしてます。
種付け料だけで500万円上がってますし、結果を出し続けてますからね。

ディープ牡馬は都合上出資は除外しておりますので、出資対象は牝馬のみ。
そう考えるとこの時期まで様子見ができ、そのおかげで良い方向に成長しているナイキフェイバーの13はありがたい存在でした。

他クラブと掛け持ちは考えていません(懐的に)ので、
ディープ産駒に出資する最大であり最後のチャンスではないかと思い至りました。

また、毎月20日に付与されるポイントの交付も待てませんでした。(分割支払)
もしかしたら付与されるポイントを待っている方もいるかもしれないと邪推。
出資金額が元々低く、月々に付与されるポイント自体が少ないのに、
そこまで引き伸ばして出資できなくなったら目も当てられません・・・。

上に加えて、1月の動画・画像更新も待てませんでした。
勿論待ちたい気持ちはありました。
しかし、その結果が良かった場合は残口消化は加速します。
逆に、良くない方向に行っていれば出資を見送っていたかもしれません。
良くなっていないのだから見送ってよいじゃないかとお思いになるかもしれませんが、この時期の良し悪しなんてそこまで参考になるのって思いますしね。
身も蓋もないことですが。
また、ディープ産駒は2歳夏に変わると聞きますので、悪くなることはないかと推測。


2.馬体は確実に良い方向へ
これは見れば明らか(ただし私の目は節穴です)
11月の動画がないなかったのは馬体がまだ見られる状態じゃなかったのかな。
しかし、12月の坂路動画は良かったですね。
内容が良かった動画をチョイスしたのだとは思いますが(笑)
そうだとしてもあの動画は実際の走りであり、これからが楽しみですね。

近況コメントはほとんど参考にしていません。
大げさな販促コメントに思えてどうにもでして・・・。
ただ調教のペースを見る限り順調に育成が進んでいるように思います。

気になる点は、減っていってる馬体重。
まぁ、カタログ時のぼってりとしたあの感じから12月の画像を見る限り減っていて当然かなと思いますねー。

ぼってり


スッキリ

こうして画像を見るとまだまだ小さいですねー。
それ故にまとまっていて良く見えているのかもしれません。
これから春にかけて増えていってくれるんじゃかなーと期待してます。

遅生まれですしこれから大きくなってくれるでしょう。


3.出資欲
抑えきれませんでしたー。
キャンセル募集は不確定すぎるし、
今年からたくさん走って欲しかったのもあります。
仕上がりも早そうですし、年内での活躍も期待してます。
血統的に早熟の気がありますが、カタログではそうでもないような位置に印が。
どっちなんですかねー。



今回の出資で2013年度産は打ち止め。
2015年の募集に向けて思考をシフトさせていきます(キリッ
そうでも言い聞かせないと出資欲がムクムクと再燃してしまうのは明白(笑)



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック