シルク 2014 ナイキフェイバーの13まとめ(自分用)

 
自分用にまとめて貼っただけですが、出資検討中の方もいかがですか?
 
ナイキフェイバーの13
 
コメント集

測尺(2014年9月中旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
154.0  171.5   19.4   446

測尺(2014年12月上旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
155.0  180.0   20.0   439
 
体高 +1.0cm
胸囲 +8.5cm
管囲 +0.6cm
体重 -7.0kg
 

2014/10/01  馬体重450㎏(+4kg
早来ファーム在厩。
担当者は
「18時間の夜間放牧を継続しながら、
初期馴致として装鞍とウォーキングマシンで30分の常歩運動を行っています。
遅生まれということもあり、現時点ではまだ緩さが残る馬体ですが、
厚みと柔軟性を兼備していてバランスに優れ、
今後中身が一層充実していくことで印象が大きく変わっていきそうです。
芦毛のディープ産駒は珍しいですが、
スマートレイアーなど優秀な馬も出ていますし、
同馬のような瞬発力に秀でたタイプになりそうですよ」
とコメント。
 

2014/11/01  馬体重446㎏(-4kg
10月7日に早来ファームからノーザンファーム早来へ移動しており、
約5時間の日中放牧と厩舎内でダクの調整。
担当者は
「これから様子を見ながらパドック、ロンギ場でハッキングまで進め、
屋内周回コースでの調整に移行する予定です。
体の幅があって背中が広いので、乗っていて安定感がありますね。
まだハミを嫌がるような幼い部分がありますので、
そのあたりはしっかり教え込んでいきたいと思います。
とにかく馬っぷりがとても良いですし、期待の1頭ですよ」
とコメント。
 

2014/12/01  馬体重435㎏(-11kg
ノーザンファーム早来在厩。
週2~3回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター1本、
残りの日は周回コース600mで軽めのキャンターで調整。
担当者は
「身体が柔らかく、先月に比べて後肢の推進力が増してきたので、
乗り味も柔らかく良い跳びをしています。
さすがディープ産駒だけはありますね。
坂路でチップの深い所を上がっても、
ラストまでしっかり走り切れる体力も付いてきました。
ここにきて馬に実が入って見た目の印象がガラッと変わってきているように、
日々成長しているのを感じますし、
それに応じて調教も進めてこれているので、
やり過ぎには注意しながら、今後もペースアップして行く予定です」
とコメント。
 

2015/01/05  馬体重431㎏(-4kg
ノーザンファーム早来在厩。
週3回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、
残りの日は周回コースでハロン20秒のキャンター2,100mの調整。
担当者は
「調教が進んだことで後肢の使い方がさらに良くなり、
キャンターの際には頭を低く使う良いフォームで走れていますし、
より負荷の掛かる調教が出来るようになってきました。
もともと丸味のある幼い体つきでしたが、
少しずつ絞れて動きが良化していますし、完成時の走りがとても楽しみですね。
年明けから徐々にペースを上げ、15-15を目安に乗り込んでいく予定です」
とコメント。

画像集
 
 
カタログ時


 
10月23日

 
11月20日

 
12月25日

 
 
動画集
 
9月12日
 
9月26~27日
 
12月19~23日
 
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック