今年が始まりの年

 
あけましておめでとうございます。
 
今年もよろしくお願いします。
 
あけおめことよろ。
 


あけてしまいましたねー、新年。
 
また一つ歳をとることになりますなー。
 
とるのは馬券だけにしたいところです。
 
 
さて、2014年から一口馬主を始めました私としては2013年度産からが本番。
(決してヨットマンに期待していないわけではなく)
 
全ての募集馬を選ぶチャンスがある状態から選び抜いた出資馬達がデビューしていきます。
 
今現在、2013年度産は3頭出資。
ルシルクの13ジュメイラジョアンの13は年内デビューしてくれそうな手応え。
ストーリーテリングの13は、育成中にトラブルがありましたので、焦らずにじっくりといってほしいですね。
 
3頭の内、2頭は勝ち上がってくれるんじゃないか淡い期待をしております(笑)
それの加えてヨットマンが未勝利+500万以下勝ちの2勝。
 
計4勝が、2015年の目標としたいですね!
 
 
2014年度産の出資計画は、今のところ2~3頭を予定してます。
2013年度産に追加出資したら2頭の予定。
予算は15万円以内で考えており、
牡馬なら4000万以上・牝馬なら3000万以上を狙いたい。
 
優先順位は、
1募集価格
2厩舎
3血統
4馬体
5育成
 
高ければ走るってわけでもないですが、
一口馬主それも500口のメリットである手の出しやすさを生かしたい。
厩舎も重要ですね。
嫌いな厩舎はないですが、好きな厩舎はあるわけで・・・。
血統は必然的に良血へ出資することになるんですかね?
まぁ、そこまでの良血ってわけにはいかないでしょうが。
父も今まで出資していない馬がほしいですし、牝系・母系を大事にしたいです。
芝向き・クラシックをこなせる馬体・測尺データを重要視して決めたいですね。
育成も、空港よりは早来を優先したい。
 
すべてに当てはまる募集馬はいないとは思います。
 
妥協点が上記の逆順かというとそうではなく・・・。
 
 
やっぱり総合的に見て決めていくんだろうなぁ(笑)
 
一番妥協できないところは予算かなー。
無い袖は振れません。
安くても良い馬なら出資したいですよね(笑)
その分他の出資馬に費やせますしー。
 
馬体もこれに並びますかね。
繋の立ちすぎた馬や、管囲が細すぎる馬、馬体重が多すぎる馬はね・・・。
 
血統と厩舎は意外と妥協できうるんじゃないかと思います。
芝で中長距離を狙うならSS系の血がほしいくらいかな。
まぁ、ダメジャーやキンシャサなどのいかにも中距離以上はって種牡馬はパス。
 
育成に関しては、ぶっちゃけどっちでもいいです(笑)
空港の方もそろそろ追いついてきたんじゃないかと思います。
 
 
 
ここまで書いてきたことを本番まで覚えてりゃいいんですけどねー。
いざ出資馬を決める段階になると忘れて、勢い任せに決めてる気がするなぁ(笑)
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック