年末にかけての駆け込み出資の雰囲気

 
先日、シルクHCのジェイズミラクルの13がついに満口となりました。
ついにというのは、長いこと残10口以下、5口以下であったのに埋まりきらなかったこと。
 
通常なら一瞬で売り切れるはずなのに、一体全体どうしてこのようなことに・・・。
 
 
闇は深いな(笑)
 
 
 
冗談はさておき、ここ最近のシルクHCの募集馬で見れば、ルシルクの13、シャルマンレーヌの13あたりに勢いがありますね。
また、ナイキフェイバーの13も警報は出ていませんが売れている雰囲気は感じます。
 
こうして見ると、検討会の影響は大きいように思います。
 
 
やはり、何かの後押しが出資には必要なんですねー。
年始よりは年末の方が、後押し感は強いですしね。
それに加えて、検討会でのプッシュと2%割引。
 
 
かく言う私も、出資欲がむくむくと(笑)
馬名募集期間も終わり、考えなくてよいという気楽さもあります(笑)
応募する資格がある内は、せっかく権利を持っているだからと応募しないとっていう感じが嫌。
かといって、最初から馬名を考えない、応募しないってのも嫌。
そんな私には今ぐらいのスタンスがちょうどいい。
まぁ、馬名が決定されるまで待てると一番良いです!
 
出資候補は、
ナイキフェイバーの13

 
 
シーズライクリオの13

 
 
シャルマンレーヌの13

 
 
ヴァルホーリングの13

 
 
出資欲的には、
 
ナイキフェイバー>シャルマンレーヌ>ヴァルホーリング>シーズライクリオ
 
懐事情的には、
 
シャルマンレーヌ>ヴァルホーリング>シーズライクリオ>ナイキフェイバー
 
やはり、関西・関東の預託料の違いは大きい。
 
ナイキフェイバーの坂路動画は、見てて飽きない。
画像の方も、更新されるたびに良い方へ変化しているように思います。
ディープ産駒を持てるチャンス(支払える範囲で)を逃すのはもったいない。
苦しいのは一時期だけで後々は希望が残るのみだしなー。
維持管理費は同じわけですし。
 
 
シャルマンレーヌは、関西だし馬っぷりも好感が持てます。
何よりも手の出せる募集価格なのが大きい(笑)
良い馬名がついたら出資する可能性は高い。
 
ヴァルホーリングは、父ブレイクランアウトというのが良いですねー。
半妹には出資馬の母ルシルクがいるわけですし、気になる存在。
馬体を見ると芝向きに感じ、今現在の出資馬はほぼダート寄りなのでそこを補強できうる。
また、預託調教師は父を預かったていた戸田先生なんも良いですね。
セール開始前から落としたら預かりたいと言っていたそうで、思い入れは強いはず。
 
シーズライクリオは、パワフルな坂路動画がよかったですねー。
測尺を見てもステゴ産駒にしては大きく出ています。
母が高齢なのが懸念点でしたが、この馬体なら問題ないかな。
 
 
 
 
こんなことを考えなら年は明けていくようです(笑)
 
みなさま良いお年を!
 
今年一年お世話になりました。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック