シルク 第3回募集馬検討会に向けて その5

 
 
いよいよ本日開催の第3回募集馬検討会。
 
先日、第1次追加募集馬も発表されました。
今回の検討会では、追加された4頭を中心に進められるのかな?
ディープ産駒2頭は、猛プッシュされることでしょう(笑)
 
気になる募集馬の最後の1頭をピックアップ。
実際にはまだまだ気になる募集馬はいますねー。
 

モエレオープンヒメの13

測尺(2014年12月上旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
163.0  184.5   20.0   450
 
ノーザンファーム空港在厩。週3回900m屋内坂路コースでハロン17~22秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整。担当者は「身体の使い方が上手で柔らかい走りをしていますが、トモに力強さがあるので、安定感のある動きを見せてくれています。まだ精神的に幼いところはありますので、今後は精神的にあまり追い込まないように気を付けて、より走りに前向きになるように進めていきます。脚元・体調面に不安は全くありませんので、この調子でどんどん乗り込んで行こうと思います」とコメント。

父エンパイアメーカー 母父サンデーサイレンス
牡 2月22日 3000万円(一口60,000円)
宗像 義忠厩舎 NF空港育成

 
胸から尻にかけてほどほどの長さがあり、重心も低いというよりは高め。首は細く胴も詰まってはいません。
距離適性は、中距離ぐらいかな。
馬場適性は、現状では芝寄りだと思うけれどこれからダートに向かうことは十分にありえそう。
父はエンパイアメーカーだし、母父がSSとは言え牝系を遡ると米ダートの名血ばかりですのでねー。
 
体高の割に馬体重はまだまだですので、これからの成長の見込みはあり。
ただ、がっつり筋肉を纏っても良くはないかも。
見るからに素軽そうなこの馬体を維持したまま成長をしてほしいところ。
中々のスピードを持ってそうですよねー。
 
父エンパイアメーカー×母父SSは、フェデラリストという活躍馬がいますね。
ですので、この配合には芝での活躍を期待してしまいます。
モエレオープンヒメの13も、今のところは芝向きに思えます。私の出資馬であるジュメイラジョアンの13も芝向きに見えますね。
 
宗像調教師は、好みが分かれる調教師と聞きます。
今年は芝で結果を残しており、全体成績でも芝が得意と思われます。
まだ一口馬主を始めたばかりなので、どの厩舎も初体験です。
ですので、この方のことは今のところどうこう言えません。
 
 
ちょっとネックになっているのが、募集価格の高さですね(笑)
セールで競り合った結果ですので、仕方ないのですが3000万円かー。
逆にいうと、相手方もこの馬を評価していたという証拠でもありますので期待感はUP。
 
願わくば、春先ごろまで残っていてほしいなー。
そのころには、資金的な余裕ができているかもしれません(笑)
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック