FC2ブログ

シルク 第3回募集馬検討会に向けて その2

ほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

本日の雨は、シルクのネオユニ産駒の2頭には恵みの雨になりますかね。
悪いほうには出ないことは確か。
ただ、両馬とも枠順が真ん中辺りだったら尚のこと良かったのですが・・・。

本日は、そのネオユニ産駒をピックアップ。


ボシンシェの13

測尺(2014年12月上旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
155.0  180.0   20.0   429

ノーザンファーム早来在厩。週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コース2,000mで軽めのキャンターで調整。担当者は「特に問題なく順調です。4月生まれということもあって、体付きにまだ幼いところがあり、少々力んで走っていますので、早く力まないで走れるように、楽な体の使い方を覚えさせていきたいと思っています。走りに対する性格は変わらず前向きで、この性格がレースに行って際どい勝負になった時に活きてくるでしょうから、バネの効いた走りに加えて、この馬のストロングポイントになってくれると思います

父ネオユニヴァース 母父キングマンボ
牡 4月8日 2000万円(一口40,000円)
加藤 
征弘厩舎 NF早来育成


まだ全体的に幼いですし、様子見も続けられそうですかね。
ただ、朝日杯FSの結果によっては一気に売れてしまうかも。
出走2頭とも関東でネオユニ産駒ですからねー。

おそらく芝馬だと思いますが、それでもトモがまだまだ寂しいです。
距離適正は、マイル辺りな感じですかね?

ネオユニ・キングマンボとパワー系の血が流れているので馬場によって焦眉にならないってことはないかな。
馬場によって勝ちきれないってことは多分にありそうですが(笑)
瞬発力勝負に持ち込まれたら厳しいんじゃないかなー。

どちらかというと早めの仕上がりであるネオユニ産駒。
本馬は遅めの産まれですがどうなんですかね?
じっくりと成長するのを待ちたい馬体なんですよねー。
ちょっと胴が詰まってますが、バランスは良いように見えますね。

加藤調教師は毎年コンスタントに勝利を上げていますが、
重賞戦線ではあまり結果を出せていません。
出資の判断は春先頃まで延ばしたいところ。
その頃には馬体も成長しているはずですし、毛ヅヤも良くなってると思います。




スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック