愛馬 ヨットマン レース後コメント

 
土曜日に競馬観戦。
日曜日にゴルフ観戦。
月曜日に風邪に感染。
 
頭が物理的にも精神的にも痛いです(笑)
 

ヨットマン
12/6(土)中山5R メイクデビュー中山 2歳新馬(混)[芝1,200m・16頭]6着[2人気]

スタートを決めて前に付け、道中は3番手を追走、そのまま4コーナーを回り、直線勝負に持ち込みましたが、なかなか前との差が詰まらず、残り100m付近で後続に交わされ、6着でゴールしています。

北村宏司騎手「返し馬の感じが凄く良かったですし、道中も雰囲気が良かったから、これはもう勝てると思って、そういう乗り方をしました。でも直線は手応えの割には伸びませんでしたね。最後は後ろからも差されてしまったということは、勝ちを意識しすぎて早めに動いてしまったからかもしれません。調教では馬から逃げようとする仕草を見せていましたし、競馬でも少しそういうところがあったのですが、問題になるほどではありませんでした。最後にちょっと体が浮いてしまったのは、早めに動いた分なのか、それともダートの方が良いからなのか、まだ判断が付かないですが、ダートの走りを見てみたいという気持ちはあります」

栗田徹調教師「手応えの割に最後伸びなかったのは、早仕掛けになった分でしょうか。もう少し我慢していたら違ったかもしれません。それでも内容的には決して悪くなかったと思います。次はもう一度芝に行くか、ダートに替えるか今後の状態を見ながら考えます」


※シルクホースクラブ様より許可を受けて掲載しております
 
 
騎手コメントより
騎手に勝てると思わせる力を持っているというのには、素直な喜びがある。
しかし、課題もちらほらと見受けられるのが何とも・・・。
まぁ、2歳のこの時期だし課題がない方が珍しいのではなかろうか?
それに課題と言ってもそれが致命傷となりえるものではない感じ。
早めに動いたという原因も確かにあるが、芝適性の問題もあると思われる。
北村騎手もダートで試したいとおっしゃているので、
次はダートでお願いしたいところ。
 
調教師コメントより
うーん、栗田先生はまだ芝でも行けそうと思っているご様子。
先生の今年の成績は芝2勝に対しダート11勝。
芝での実績を積みたいがためにわずかでも芝への適性をもっていそうな馬には、
芝を優先して選択するという思いを抱えているのではないか?
と穿った見方をしてしまう私・・・。
真に強い馬ならば、あそこで仕掛けても突き抜けるんだよなー。
まぁ、そうでなくとももう少し粘っていても良いのではないかと思ったり。
実際、ハナを切っていたマダムヤッコ号は先着しているわけですし。
次走も芝で登録しそうだなー。
一旦放牧にだして、「外厩先の担当者もまだ芝で行けそう」という言葉を再び頂きましたとかいうコメントとともに(笑)
 
 
年内のスケジュールは分かりませんでしたね。
疲れが残っているかは今回の情報からは読み取れません。
現状そこまで無理をさせなくてもいいかなと思いますが、
走れるなら走って欲しいとも思います・・・。
未勝利戦 中山・ダート1200mあたりの番組をぜひ。

毎週中山にその条件であるんだよなー、チラ。
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック