今週末、府中に立つ!

 
 
 
友人に誘われ、天皇賞・秋を観戦予定。
 
 
 
シルクHC所属馬はいないので、
応援する馬は馬券の対象馬のみですかね。(笑)
 
 
 
注目は、イスラボニータ号。
 
3歳が、古馬、それも一流どころにどこまで迫れるか?
迫るどころか、そのまま突き抜けてしまうのか?
 
鞍上がルメール騎手に乗り替わり。
蛯名騎手の方が馴れという分では良いですが、
ルメール騎手も超一流のジョッキーですので問題ないでしょう。
 
 
 
 
フェノーメノ号のエクイノム・スピード遺伝子検査の結果が話題となっていますね。
C:C型が短距離適性で、1000~1600m
C:T型が中距離適性で、1400~2400m
T:T型が中・長距離適性で、2000m以上
サラBLOOD!より抜粋)
 
天皇賞・春2連覇などでスタミナ型のT:T型と予想されていたのが、
検査結果は中距離適性のC:T型
 
良い意味で覆されたのではないでしょうか?
今後種牡馬になるという面では、
C:T型でありながら長距離もこなせるのは魅力的です。
 
 
 
 
 
ジェンティルドンナ号も休養明け初戦でどうでるか?
本命はJC3連覇でしょうし、そこまで仕上げないような気も・・・。
 
 
意外と荒れそうなんですよねー。
 
馬券とかなしで、純粋に競馬として楽しみたいですね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック