愛馬 ストーリーテリングの13 血統考察1

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

今回は、ストーリーテリングの13です。

前回に引き続き、

・母系クロスの羅列
・色線を引くだけの画像編集
・妄想甚だしい血統からみる将来像

の3本となっております。

さっと読み流す感じでお願いします(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

因子馬は下線を引き、成立馬には枠で囲っております。
 
・・・ナスルーラ+プリンスキロ(⇒ナスキロ)
・・・ハイペリオン+サンインロー(⇒ハイインロー)
・・・ラトロワンヌ(⇒ナスキロラトロに)
・・・インブリードクロス(ストーリーテリングの13)





ストーリーテリングの13
(父 サウスヴィグラス)


Northern Dancer       5S x 5D x 5D
Natalma                  6S x 6D x 6D x 6D(牝馬クロス)
Bold Ruler               5S x 5D
Nasrullah                 6S x 6S x 6D
Raise a native          5S x 6D
Ribot                      6S x 6D x 6D
Buckpasser              6D x 5D






父 サウスヴィグラス(父 エンドスウィープ)

Double Jay             5S x 5D
Nasrullah                 6S x 6S x 5D x 5D



父母 ダーケストスター(父 Stsr de Naskra)

Nasrullah        4S x 4D
Discovery                  5S x 5D



父母母 Minnne Riperton(父 Cornish Prince)
Sweep,Broomstick           4D x 5D
Blenheim                       5S x 4D
Pharos                          5S x 5S
Mumtaz Mahal                5S x 5D
(牝馬クロス)






母 ストーリーテリング(父 デザートキング)

Northern Dancer        4S x 4S
Natalma                                  5s x 5S x 5S
Buckpasser                              5S x 4D
Ribot                                      5S x 5D




母母 ノーテリング(父 Private Account)
Nasrullah               5s x 4D



母母母 My Heroine(父 Majestic Light)
Discovery               4D x 5D
Nearco                                     5S x 4D



--------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------

いやー、これはダート馬ですね!


それも短距離向き

生産主さんのコンセプトが馬体からだけではなく、血統面からも見て取れますね。

ナスキロは申し訳程度に1本。
柔らかさをもたらすナスルーラもいくつか見る事ができますが、

この硬そうな血を複数(ロベルト、Ribot)、
それもクロスで持つこの馬の前では歯が立たなそうです(笑)



芝への適応を生贄に捧げて、ダート専用を召喚!




って感じでしょうか(笑)
ただ、パワーも凄くありそうですが、
スピードも十分備わりそうな血統構成。

ボールドローラーの機動力、軽い脚捌き
ロベルトのパワー
・ダンジグとバックパサーの血を持つデインヒル
・パワーと持続力のヌレイエフ
・ボールドローラーと相性の良いパワーとスタミナを持つRibot


・・・あれ?パワーばっかりじゃない??


父サウスヴィグラス母ストーリーテリング短距離馬でしたし、
馬体を見ても主戦場はダートになるはず。

スピード血脈もないことはないですし、そこまで心配は無いかな?と思いたい。



それよりも、注目すべきはハイインローの多さですね!

「粘りのハイインロー」

短距離、それもダートでは後ろからの競馬は中々に厳しいと思われます。

できれば前で競馬をして欲しい。

そこで、このハイインローの多さは武器になると思われます。

出足良く先頭でレースの主導権を握り、終盤は粘り腰で勝ち切る。

これがこの馬の勝ちパターンになりそうですし、大負けはなさそう。

堅実に賞金を持って帰って来てくれる孝行息子になってくれそうですね(笑)

スタートが上手くないと意味ないですけどね・・・。


それでも十分に希望を持たせてくれる要素であることは確かかと思われます。


理想は、お父上であるサウスヴィグラス

中央ダート・交流重賞、両方の短距離を制圧して頂きたい!


















スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック