シルク 2014 第1次結果は悲喜こもごも


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ



7日、午後19時前後でしょうか?
シルクHC 2014年度第1次の結果が唐突に発表されましたね。

ネット界隈の結果の行方を見てみると、悲喜こもごもですなー。

圧倒的に悲が多いのですけども・・・。


私の結果はというと、



以上のようになりました。
(少しだけPCの操作を覚えました。)


うーん、妥当かなっ!(笑)

天は我に味方せず。
こんなもんでしょー。


ジュメイラジョアンの13が無抽選で獲れたのは良かったですね。
いかなかったら残口は20口でしたので危なかったぁ~(笑)
通常募集は、電話で売り切れでしょうねー。
追加で一口だけチャンレンジしてみようかな。


ルシルクの13は、まだまだ余裕がありそうですね。
いい馬だと思うんですけどねー。
やっぱり、内臓面に不安で様子見の方が多いのかしら?
追加で出資も良いかなーと思ったりもしてますね。

7・28・33は、ダメでしたー。
中々の数の大口出資者の流入があったんでしょうね。
資金のある方には、出資の計算しやすいクラブですからね。

これも特色としていいんじゃないでしょうか?
逆に今度の戦略が立てやすいですし。

戦略と言うほどでもなく、実績で勝負できないんなら運任せ。
今回のジュメイラジョアンの13みたいなギリギリ満口にならないくらいの馬を探して、
第1次募集の段階で応募してしまう。
人気のある馬は、とりあえず一口だけでもポチッとな。


いっそ、あれですね。
実績枠増やしてくれていいですよ!
450口くらいでも構いません。
構いませんから、残りの50口を強制的に1口当選にしていただきたい。
1口の人が当選ではなく、実績で漏れた人は例え10口応募していたとしても、
その枠では1口までしか適用されない。
そうすれば450口が45人で埋まったとしても、約100人は出資者になれますから。


今の制度では、まぁないでしょうが50人で埋まってしまいます。
おそらく、7・28・40はそれに近い数字ではないでしょうか?
出資者は100人を超えていないと思われますねー。

逆に実績枠を減らすのは反対の立場。
実績枠が多いほうが、ノーザンFからの供給に期待できると思いますので。
資金さえあれば好きな馬が選べる・・・。
本家などの少数クラブで思うように出資できない方々にとっては、
願ってもない受け皿クラブとなりました。
だからと言って、全頭に期待できるとは思えません。
確実に抽選になるであろう馬には当たりの期待値が大きくなります。
(まぁ、その馬が走るなんて保証はないですが・・・。)

500口全部が実績制なら別です。
抽選の枠が残っているから現行の制度でも構わないわけで。

当たり前ですが、現在のシルクHCはノーザンF傘下のシルクHCなわけです。
以前のシルクHCとは、別物です。

こちらから迎合していかないといけません。
今ある選択肢の中で自分の希望を叶えていくしかありません。



来年は募集馬をあと20頭くらい増やしてくんないかなぁ(笑)
セール馬でもいいから。
というか、セール馬でいいですよ。
ノーザンFでは生産されない血統を募集。
ノーザンFの育成に期待のクラブ。

やるなら当歳セールからでお願いします。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック