遥かなる凱旋門



負けましたねー。

負けたというよりは、勝てる要素がなかった感じ。

はじめからケチがつきましたからねー。

影響はないとは言ってますが、今回の輸送の影響は大きいと思います。

ただでさえ、長時間の空輸なのにそこから陸路でも長時間・・・。

無事、走り終えてくられただけでよかったですね。

前哨戦を使うか否かもありますねー。

おそらく勝つためには必要だと思います。

本場の洋芝→日本の高速芝の変化で勝ちえても、
日本の高速芝→本番の洋芝への変化はやはり厳しい。

札幌競馬場で結果を出したといっても、
そこは綺麗に整備された馬場であって。(良いところでもある。)
仮想ロンシャン競馬場にはなりえない。
馬にとっても騎手にとっても。
また、他馬の騎乗での経験は参考になるのかな?と思ったり。
毎年何十回と乗るのならまだしも・・・。


同じコース、同じ距離の番組があるのなら走る方が良いでしょう。
たとえ中2週だとしてもね。

その代り、凱旋門賞前後のスケジュールは潰れますが・・・。

何が何でも獲りたいならそのくらいの覚悟は必要でしょう。
(理想は、エルコンドルパサーの遠征ですかね?)


レースは、トレヴがただ単に強かった。
というか、勝ち方を知っていた感じ。

6着 ハープスター
しようがないかなと思います。
前めでいけばとは思いますが、前めに行けない馬なんでしょう。
関係者もおそらく先頭を見据えながらレースをしたいはず、
なのに今までそれをしていないってことは、そういう性質だと判断すべきかなと。
出足が悪く、無理に前につけると最後の足がなくなってしまうんですかねー。
まぁ、最後の脚を見る限りもう少し前でも良かったんでは、とは思います。
1着は無理でも、2,3着は拾えてたかも。(多めの賞金獲得。クラブ馬なのだから)
価値は1着以外は無意味だとしても・・・。


8着 ジャストウェイ
日本馬の中では一番挑戦した馬だと思います。
色々な意味で・・・。
距離、ローテ、レース内容などなど。
うーん、やっぱり距離なんですかねー。
強いのは2000m頃なのは間違いないのでしょうが、2400mは無理ですかね?
行ける気もするな~。
日本の馬場なら。
なので、是非ジャパンカップに挑戦してほしいですね。
種牡馬としても2400mでの実績は欲しいところ。(それも東京2400mは特に)
騎乗は良かったと思います。
直線を向いた時に勝負できそうな感じは一番ありました。
ロンシャンは直線が長いですし、内も開けて前を狙えた。
まぁ、400mあたりでこれはどの馬も無理だなーとは思いましたが。


14着 ゴールドシップ
うーん、この馬の競馬をした。
それ以上でもそれ以下でもない。
日本馬の中で可能性があるのはこの馬じゃないかと期待していましたが、
それはレース中盤に霧散しました。
凱旋門賞は、基本前の馬が残る。
そこから二の脚、三の脚を使う馬が勝利をもぎ取る。
後方一気なんて起こりえないから、
今でもダンシングブレーヴは奇跡なわけで・・・。
せめて中断待機、最終コーナーあたりで先頭に並んでジワジワ脚を使ってほしかった。


どの日本馬にも言えることですが、
日本のように綺麗に整備された馬場ではないのため、
スーッっと上がっていくのは難しいと思われる。
ただでさえ、ぶっつけ本番だったのだし・・・。


3歳牝馬が斤量で有利なのは間違いない。
目が節穴な私は、去年そのハンデで負けたと思ってしまった。
しかし、今年のレースを見るにトレヴの実力でしたね。

3歳馬を見ると、3,4,5,6,7着には来ている。
やはり斤量の差は大きいのだろうなーとは思う。

日本馬が勝つとしたら、3歳牡馬かな~。
日本ダービー勝って、遠征して前哨戦使って本番ってのが理想なんですかね?


いっそ全頭同じ斤量でいいのに(笑)
そしたら本当に公平で、一番強い馬が分かる。
まぁ、それだとギャンブルという面では成り立たなくなりますが。



なんにせよ、無事に日本まで帰り着いてくれるのを祈るばかり。

お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック