ディフィカルトの13(シルク2014)


やはり、皆様のレポート等を見るとあれも良いな、これも良いなとなりますね(笑)

様子見できる馬、厳しい馬いますが、
今後の糧にするためチェックした馬は、今後も追い続けたいと思います。

本日は、様子見できるか否かのギリギリのラインかなと思われる「ディフィカルトの13」
値段の割りに活躍場面が限定的なのが焦点となっています。


馬名
ディフィカルトの13 牡(2月14日生まれ) 
 

ワイルドラッシュ

募集価格  
40,000,000円

一口価格  
80,000円


諸経費   
162,680円(内訳:馬代80,000円+維持費75,000円+保険料7,680円)牡:6歳末 牝:4歳末


目標金額 
170,000円(GⅠ2勝 GⅡ3勝 GⅢ6勝)
(1/500口当たりGⅠ=80,000円 GⅡ=50,000円 GⅢ=30,000円で計算)


馬場適性 
芝もこなせそうな馬体だが、血統をみるとダート。
うーん、一度試して駄目ならダートでも遅くはないと思いますね。


距離適正 
中距離から長いほうに適正がありそう。
交流重賞などをみるに中距離以上のレースも多く、その意味ではいい感じです。

馬体 
体高 159.0cm

胸囲 176.0cm

管囲 21.0cm 

馬体重 481kg
 

厩舎 
村山 明厩舎。
関西で今年はすでにG1を2勝。
半兄テスタマッサにはじまり、ダートには強い厩舎です。
マッチングはかなり良いほうだと思われます。
シルクとの関わりはそれほど強くなさそうですが、半兄との繋がりに期待。

目標 
半兄を超える活躍とまではいかなくても、ダート路線を荒らしまくって頂きたい。


雑感 
馬体が素晴らしいですねー。
今回の募集場の中で一番好きです。 
半兄テスタマッサの実績と父ワイルドラッシュ替わりを見るに、どうしてもダートでの活躍を期待してしまいます。
しかし、母馬の年齢がネックか・・・。
半兄は2006年生まれで、ディフィカルトが7歳の時の3番仔。
ただ、牡馬の場合はヒステリックに高齢を意識する必要もないかもしれません。
馬体も測尺を見る限りでは、問題なく出ていますしバランスも取れています。
厩舎とのマッチングを素晴らしく、全部が揃っている感じ。

値段を除けば・・・。

うーん。高いですね。
価格分を補って余りある活躍を期待できる馬ではありますが。
ダート馬だけに数もこなせそうですし、息の長い競走馬生活を送りそう。

もう一つ気になるのが、馬体が綺麗過ぎるんですよねー。
芝馬ならこれ以上ない美点となりますが、ダート馬としたら力強さがもう少し欲しい。
とりあえず、芝で一度試して欲しい。


いいですねー、様子見したいです。
というか、出資したい。
でも、資金がない・・・。

あぁ、悲しや、悲しや・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック