シルク 2015 出資馬 ルシルクの14編

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

るしるく12

生年月日:2014年4月24日
厩舎:関東 木村哲也 厩舎
生産:ノーザンファーム
父:ヴィクトワールピサ
母:ルシルク
母の父:Dynaformer



デカイ(確信

測尺(2015年12月上旬)
体 高:163.0cm
胸 囲:188.5cm
管 囲:21.4cm
馬体重:520kg



12月上旬の測尺では520kgとすでに大型馬ですが、数日後に更新されるであろう近況ではもっと馬体重は増えているはず。
正月休み分でw

2015/12/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン60分、週2回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター3,500m

担当者「11月上旬から坂路入りしており、今はハロン18秒で乗っています。坂路調教を始めた頃は動きがモッサリしていましたが、本数を重ねるにつれキビキビした動きに変わってきましたね。調教を進めても飼い食いが落ちたりしませんし、健康そのものです。脚元も特に問題ありませんが、大型馬ですので気を付けながら進めていきたいと思います」馬体重520㎏



調教をつけても飼い食いが落ちないそうですし、馬体重も増えてきてます。
さらに遅生まれ(4月24日)ときたもんだ...おおぅ
まぁ、飼い食いが悪いよりは何倍も良いのでね!
そこは長所としてみてますw

骨格もフレームもしっかりしているように見えますし、丈夫そうだなと。
ただ先ほどから触れているように馬体重が重めでいらっしゃるので若駒のうちは慎重に進めてほしいなと。
その意味ではNF天栄と連携を取りながら調整していくキムテツ厩舎は合っているなとも思います。
今年の抱負では年内は育成と書きましたが、実際は年内2,3戦はしてくれるのではないかなとw

たしかに遅生まれではありますが、姉は2013年度産のシルク所属馬でデビュー一番乗り!
(ダイワメジャー産駒ってのも大きいと思いますが)

10月の近況コメントをみると、

2015/10/05 <所有馬情報>
在厩場所:10月5日にノーザンファームYearlingからノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「夜間放牧を行いつつ、育成厩舎への移動に備えて馴致も行いました。春先には馬体が頼りなく映っていたのですが、今では見違えるほどに成長し、移動する準備は整っています。馴致もスムーズに進んでいますし、調教を積んで更に進化を遂げた姿が今から楽しみな一頭です。日曜日の中山で姉が2連勝を飾りましたし、本馬も兄や姉たちに負けない活躍を期待しています。本日育成厩舎に移動します」馬体重514㎏



夏に成長するタイプだと思われます。
(一説によると馬の成長サイクルは馬ごとに決まっているとか)
シルクのスタッフさんに話でも募集時期の近くになって一気に成長したと言われてました。
ですので、一夏越して9月頃入厩→ゲート試験→放牧→10月中旬以降デビュー(東京開催)と妄想しますw

芝を諦めたくはないのですが...ダートでしょうねぇw
近況では大型馬の割に素軽いやらモッサリからキビキビやらと言われていますが、芝で走れそうな仔ならそのようなコメントがそもそもないような...
繋も若干短めですからねー、将来的には中山ダートの鬼になってくれればなと(マーチS連覇!!
もしくは将来的には芝・ダート兼用馬に(同厩舎のモルジアナ号のような)

クッションは効いているので芝もこなせないことはない?(´ω`人)オネガイ

自分の一口生活の屋台骨を支えてくれると信じているルシルクの14


昨年度に引き続き素晴らしい名前が付いてくれればなと!!
そう願わずにはいられませんw

出資者の皆様よろしくお願いします!
関東開催(なお東京・中山に限るもよう)の時は競馬場に出没すると思いますので一緒に応援しましょう!!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック