シルク 2015 調教師リーディングからみる出資検討


今回は募集馬の血統や動きからではなく、他のファクターである
厩舎の成績(2015年)から見ていきたいと思います。

木村哲也調教師(左)と高野友和調教師(右)

成績は本日(11月26日)時点でもので東西の厩舎は分けずに。
1位~16位
20位~35位
で区切っています。

残口のある募集馬を管理予定の調教師を枠(色付き)で囲っています。
青枠⇒牡馬
赤枠⇒牝馬

1位~16位


4位 矢作芳人 センブラフェの14(父ダイワメジャー)

一口40,000円

4位 松永幹夫 レトⅡの14(父ハービンジャー)

一口50,000円

16位 加藤征弘 フォトジェニーの14(父クロフネ)

一口40,000円

16位 須貝尚介 シーズインクルーデッドの14(父ワークフォース)

一口24,000円

16位 斎藤誠 ターシャズスターの14(父マリブムーン)

一口60,000円


20位~35位


20位 大久保龍志 サルスエラの14(父タートルボウル)

一口50,000円

20位 木村哲也 キューティゴールドの14(父ヴィクトワールピサ)

        
一口40,000円

同じく 木村哲也  ステイウィズユーの14(父シンボリクリスエス)

一口32,000円

26位 田村康仁 ディアジーナの14(父ステイゴールド)

一口50,000円

29位 国枝栄 バラダセールの14(父ハーツクライ)

一口50,000円

35位 久保田貴士 セントルイスガールの14(父エンパイアメーカー)

一口64,000円

以上の内、残口警報が出ているの募集馬が1頭。

木村哲也厩舎予定キューティゴールドの14残50口以下
在厩場所:ノーザンファーム早来

担当者「馴致は順調に進んでおり、今は周回コースでダクと軽めのキャンター1,600mの調整です。雄大な馬体の割に動きには重さがなく、ストライドの大きい、軽いフットワークを見せています。集中して調教に取り組めており、気性も素直で従順なので、先頭でもちゃんと走れますね。姉ショウナンパンドラが牡馬相手に活躍していますが、本馬も将来有望だと思います。飼い食いは良好で体調も問題なくスムーズに進められていますので、今月中には坂路調教を始める予定です」馬体重496㎏
測尺(2015年9月上旬
体 高:162.0cm
胸 囲:180.0cm
管 囲:19.6cm
馬体重:500kg


今回は調教師の勝利数での順位ですが、重賞勝利数・芝ダートの勝利割合・出走数・獲得賞金などを見ていくのも良い思います。
この募集馬は、自分の見立て(血統・馬体・動き)だと芝馬っぽいけど預託予定の厩舎は芝レースで実績を残せているのか?とかですね。

募集馬自身の能力も重要ですが、厩舎の力もとても大事です。
当たり前のことを何いまさら言ってんだオイって話なんですがw


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック