クードラパン 試金石となるサフラン賞へ





クードラパン  
10/4(日)中山9R サフラン賞 2歳500万下(牝)[芝1,600m・12頭]54 横山典弘 発走14:25

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで30日に時計
次走予定:今週日曜の中山・サフラン賞〔横山典弘〕

久保田調教師「今朝(水)の追い切りは、併せ馬の内から追走・併入しました。先週、田辺騎手が騎乗してしっかりやっているので、今週は半マイルから馬なりでしたが、良い感じで動いていました。先週、田辺騎手には反応が鈍かったらしっかり追ってほしいと言っておきましたが、本人によると持ったままだったと言っていましたから、良い状態に仕上がっているということでしょう。ただ残念ながら田辺騎手が怪我のため乗れなくなったので、デビュー戦で手綱を取った横山典弘騎手に依頼しました」

稽古も順調にこなしてきました。
直前で騎手が変更というアクシデントもありましたが、調教やデビュー戦でも乗ってくれているノリ様なので問題ないでしょう!
今まで全く乗ったことがない騎手というのが一番怖かったです。
(なお、デムーロ乗ってくれねぇかなぁと思っていたもよう)

今年のサフラン賞の舞台は中山・芝マイル。
今年のというのは前年は新潟1400m、その前までは東京1400mと今までの傾向は全くあてになりません。

中山競馬場も今春以降では馬場の張替え等で変化が出ています。

この傾向は今でも通用するんやろか?
でも、皆さん内枠を願ってたということは内枠がいいんやろなー。

ちなみに本日行われた中・芝マイルの結果はというと、
5R・2歳新馬

先団に取り付いて好意抜け出し
後方からの馬はレースに参加できず

11R・秋風S

中団待機、残り200mから一気に差しきる。
前がうまく空いてそこから。

クードラパンにしてほしいレースは前者。
クードラパンができそうなレースは後者。
そんな気がしていますw

初の内枠となりますので馬群に包まれてどうなるか?
初の右回りがどうでるか?

不安点を挙げればきりがないですw
しかし、条件は他馬も似たようなもの。
この時期の2歳500万条件、それも牝馬限定ですからねー。
それに上位に来ている馬達は上がりも上位の馬ばかり。
(最上位の上がりは...うん。)
やはり先団から中団まででレースを進めて、そこからその周辺にいた馬達との上がり勝負となるのではないでしょうか?

もちろん勝つことが最も重要なことですが、今後のためにいろいろなレース経験を積めれば良いなと思っています。

馬券は、3枠3番クードラパンのみ
単勝500円
複勝1000円

中山のノリさんは勝ちきれないことが多いとのデータががが


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック