ショットガンニング 調教再開で重さは解消傾向!

がんにん2がつ

2016/03/04 <所有馬情報>

ショットガンニング
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は周回コースで5ハロンから14-14→坂路コースで14-14×2
次走予定:3回中山開催

天栄担当者「先週は歩様に硬さが出たので、少し楽をさせたところ歩様は改善されました。今週から再度周回コースと坂路コースを併用し強めを行っています。併せ馬をしたり、前に馬を置くと良い動きをしますし、重さはだいぶ解消されてきていると思います。このまま行ってくれれば良いですね」馬体重572㎏



なお、馬体重はプラス6kgのもよう

556⇒558⇒568⇒572と順調に増加してます(白目

それでもすぐに状態が戻って調教が再開されたのはGood
まぁ、馬体重を減らせばいいってものでもないのでね
馬体を作りつつ、走れないと意味がないので馬体重ばかりを気にしてても仕方ないです。
ただ、重いと脚元に負担が掛かることは間違いないですが・・・。

今週のコメントでは直接的には触れられておりませんが、あとは気持ちの面ですね。
併せや、前に置くと走る気持ちを見せ始めたのかもしれません!

少しずつデビューへの準備が整ってきた気がします。
来月の中山あたりを妄想してますw

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

ステイヤー
ミドル級で動けてるのに、ウェルター級まで絞んなきゃダメだっ!みたいな、人間側の固定観念が強すぎるのも困る様な気もしますが。疲れが出るのは別にして、だいぶ脚元はしっかりしてきたんでしょうかね。
Re: ステイヤー
>ステイヤーさん
そうなんですよね!
その仔にはその仔のベスト体重があるわけですし、動ければ問題なしです。
まぁ、重いとどうしても脚元に負担が掛かってくるのでそういう考えになってしまいますが。
それでも依然と比べて回復までスパンは短くなっており、しっかりしてきたのではないかなと。

コメントありがとうございました。

管理者のみに表示

トラックバック