アルジャンテ うーん

10569005_1138554752821598_5650735975506528478_n.jpg

2016/03/14 <レース結果>

アルジャンテ
 3/13(日)中山6R 3歳500万下[芝1,600m・12頭]6着[5人気]

出遅れ気味のスタートとなり、道中は後方2番手あたりを追走、残り800m付近から追い出して前を窺い、直線では内目の馬群を捌いて脚を伸ばしましたが、上位争いからは遅れて6着でゴールしています。

津村明秀騎手「ゲートを出ていかなかったです。駐立が煩いわけではないのですが、出がモッサリでしたね。中山のマイル戦であの位置取りでは厳しいでしょう。それに最後は良い脚を使っているのですが、追ってからのエンジンの掛かりが遅く、この距離は忙しいように思いました。もう少し距離を延ばしても良いと思います」

尾関知人調教師「ゲートはだいぶ出るようになっていたので、この中間はゲート練習にあまり専念していたわけではありませんでした。ただトモがパンとしていない現状では、ああいう出方になるのはしょうがないのかなと思います。また、元々スパッと切れるわけではなく、勝った時もねじ伏せるような感じでしたので渋いんですよね。津村騎手の言うように、もう少し距離を延ばしても良いのかもしれません。兄のナイフリッジも2000m前後で活躍していましたからね。まだ成長途上で、これから良くなる馬だと思います。それにしても、もちろん単純に比較が出来ないのは分かっていますが、今日の時計で走ればアネモネSは勝っていたということを考えると、今更ながら除外は悔しいですね。競馬の前に左前肢の蹄に小さな蟻洞が見つかり、競馬には全く影響のないものだったのでそのまま出走させましたが、今後はその治療も行っていくことになると思います」



運?



まぁ、アネモネSに出れたとしても正直厳しかったでしょう(直球
この距離は忙しいことはないと思われ。
だって1400mであの勝ち方ができたのだから。
と言うものの、1400mがべストではないと考えていますし距離延長は望んでいたこと。
この流れは歓迎したいです(ニッコリ

次走は東京1800mくらいでいかがでしょう?
やはり馬場が広く直線の長いコースがこの仔には向いてます。

気になるワード「蟻洞」
有名どころではブエナビスタやロジユニヴァース、シルクフォーチュンが検索でヒット。
症状次第では長期休養を余儀なくされるようですが、アルジャンテはそのまま出走してますからね。
本当に軽いものなのでしょう...今は。
これからのケアや治療が大事になってくるのだと思われます。

このレースを観る限り、牝馬限定の500万ならいずれ勝てるかなと。
そこから先は成長に期待ですね。
言うてディープインパクト産駒!!
問題ないと思います(妄想

一旦放牧でしょう。
馬体重もずっとマイナスが続いていますし、蟻洞の治療も兼ねてある程度の期間は休養というのも一つの手。

まずは疲れを取ってもらいましょう!


にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック