ヴァンクールシルク 先月よりも今月

d_02510017.jpg
2016/04/01 <所有馬情報>

ヴァンクールシルク(ルシルクの14)

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m

担当者「3月中旬にリフレッシュで1週間周回コースのみで調整し、今はまた同じメニューで乗り込んでいます。ここにきてトモに力が付いてきた効果か、以前より頑張り過ぎることなくリラックスして走れるようになりました。飼い食いも良好で体調面も問題ありませんので、今後も適度にリフレッシュを挟みつつ、しっかり乗り込んでさらなる良化を促していきたいと思います」馬体重538㎏

前駆は以前から立派でしたが、ここにきてトモも追いついてきたもよう。
上の画像は3月初旬に更新されたものなので、成長した姿が見れるのは今月の画像更新かな。

馬体重の推移も落ち着いてきましたね。
まぁ、微増は続いておりますがw(534→536→538)

ごはんがおいしいのかな?

この世代のシルクっ仔は大きい仔が例年より多い気がしますね。
ノーザンFがそういう傾向の育成方法を取っているのかもしれません。
1歳の時から500kg近くあってどこまで成長するのかと震えていたのだけれども、走る頃まで同じくらいの馬体重でいくパティーン。
馬の特性がもっとも影響するのでしょうが・・・、うーむ。

走りは動画が更新されるにつれて良くなってると感じています。

決して素軽いとは言いませんが、パワフルなフットワークをしていて迫力があるなと。
真っ直ぐ駆け上がれていますし、ダート一本ではなく芝もいけるんでないかなー。
前肢繋ぎのクッションをみてると・・・ですけども。

調教強度も先月と変わっていませんし、コメントの感じからすると早期始動組ではなさそう。
大型馬ですし、ここはじっくりしっかりと基礎固めをする時期ですね。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック