ウォリアーズクロス 函館で走る。

20090524143709427.jpg
2016/06/22 <所有馬情報>

ウォリアーズクロス
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで22日に時計
次走予定:今週土曜の函館・D1,000m〔柴山〕

国枝栄調教師「追い切りは函館Wコースで柴山騎手が騎乗し行いました。内から追走し最後は先着という、良い内容の追い切りだったと思います。今回は1000mに距離短縮しますが、跳びが大きいので、スタートでどこまで付いていけるかがカギになるでしょう。ただ今後のためには後ろから差す競馬を教えていくことが大事だと思いますから、ちょうどいい機会ではないでしょうか」


ウォリアーズクロス
 柴 山 6.22函W良 68.4- 53.7- 39.4- 12.6[5]馬なり余力
  オンザウインド(三未勝)強目の内を1.3秒追走0.2秒先着
 助 手 6.19函W良 71.4- 55.5- 41.0- 13.7[8]馬なり余力
  オンザウインド(三未勝)馬なりの内を0.9秒追走0.1秒先着
 助 手 6.15函W稍 67.9- 53.0- 38.8- 12.7[8]馬なり余力
  テオドール(古500万)馬なりの外に1.4秒先行同入



だったら1700mでいいじゃない?

本質的にはスプリンターと当初よりコメントしていた国枝師。
いよいよここまで(1000m)まで来たかと思うと感慨深い(白目

将来的にはなんとかマイルまでもって欲しいなぁなんて甘い幻想を抱いていたが、ぶち壊されてしまった感がある。
a022925820110815141810.jpg

まぁ、言うてこれからの馬ですしトモがしっかりしてくれば大丈夫でしょ(適当)
しかし函館のダート1000mって後ろから届くもんなんですかね?
出資馬のみならず該当レース自体をまだ見た覚えがありませんw
元々、重賞レースくらしか観ていなかったにわか乙なもんで。

印象としては前残りというか、前にいって早めに抜け出して粘り込むようなレースになりそう。
それこそ先週スプリングゲイルが走った函館・芝1000mのレースのような・・・。

今回やろうと言うか、必然的に(スピードの違いで)そうなると思われる展開は3走目(3着)のレースなのでしょう。
あの時は出足がつかずそうなってしまったのですが、国枝師のコメントは良かったのを覚えています。
これまで芝スタートしか経験しておらず、今回は最初からダート。
距離短縮ですが以前(1600m⇒1200m)よりは対応しやすいはず・・・(1200m⇒1000m)

想定ではフルゲートじゃないので何も問題がなければ出走は確定。
ここで勝てれば在厩して中2週で噴火湾特別・1000万下(ダ・1000m)を目指してくれないかなぁ。
ま、これまでの経緯を考えると放牧でしょうね(トモの具合や回復力)
そして短期放牧を挟んで札幌で走ると予想。

当日はシルクラウンジで応援したいと思っております(*・`ω´・)ゞ
枠は外だといいなぁ。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック