ヴァンクールシルク シームレス天栄放牧へ

ヴぁんくーぱど

ヴァンクールシルク
 7/17(日)福島5R メイクデビュー福島 2歳新馬[芝1,800m・15頭]5着[2人気]

モッサリとしたスタートから押して中団に付け、道中は7番手あたりを追走、残り600m付近から外を回って進出し、直線では大外から追い上げましたが、内に寄れる場面もあって差を詰め切れず、5着でゴールしています。

戸崎圭太騎手「ゲートをモサッと出るような感じでしたし、勝負処で追っ付けてもすぐに反応できなかったりと、まだ全体的に馬が若い印象を受けましたね。この時期の新馬ですから仕方ありませんが、まだ仕上がり途上といった感じです。でもまだ体ができていない中で掲示板を確保したように、能力があるのは伝わってきましたし、この先良くなってくる馬だと思いますよ」

木村哲也調教師「今日の走りを見ると、結果的にこの時期にデビューさせるには、まだ馬が若かったようです。もちろん調教はしっかりと行ってきましたし、恥ずかしい競馬はしないと思い出走に踏み切ったわけですが、レースの所々でモタつく面を見せていましたし、もう少し馬がしっかりしてくるまで待ってあげた方が良かったのかもしれません。申し訳ありませんでした。ですが、それでも掲示板を確保してくれたように、次に繋がる競馬はできたと思いますし、能力がある馬で先々走ってくるという認識に変わりはありません。ただ、まだ成長途上の馬ですしここで無理して使いたくはないので、レース後は競馬場から直接ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。牧場での状態を見ながら、次走をどうするか検討させていただきたいと思います」
 17(日)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。




アッハイ

なんというか、だろうねーというコメントがズラリw
こんなもんでしょ。

今回獲得した権利(5着以内)は使わなくても良いかなと思っていました。
続戦すれば今回よりも走るであろうことは分かるのですが、勝てるまでいけるかというと・・・。
そこまでガラッと変わるほどのなにかはなさそうなんですよねー。
それよりもじっくりと基礎的な部分から立て直したほうが近道な気がします。

まぁ、それも今回走ったからこそ分かったことですので、この結果は決して無駄にはならないのかな、と。
そう思わなければやってられないってのもありますがw

9月1週目の新潟最終開催とかでどうでしょうかねー。
1Rにダート1800mか2Rに芝・2000m。
もう少し待って10月中旬からの東京・新潟開催か。

中山はまだこなせないかなぁと一考。
走りそのものは悲観するものではなかったですので、勝ち上がりに関しては問題なさそう(願望
あとはヴァンクールシルクに合う舞台と時期を整えるだけ。

早い時期からライバルのいないところで稼ごうというタイプではないと思っています。
屋台骨として長く支えてくれる馬になってくれるのではないかなと。

そう自分に言い聞かせて今回の放牧を受け入れようと努力してますw

まぁ、天栄でもガシガシ乗り込むわけなのでただ単にのんびりしているわけではないと思うのですけどね。
特にキムテツ師はそこらへんを上手く使っている(使われている?)調教師なので。
信じて待ちたいな、と。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック