ウォリアーズクロス まだ函館で消耗してるの?


2016/07/25 <レース結果>
ウォリアーズクロス
 7/24(日)函館6R 500万下(混)[D1,000m・12頭]3着[1人気]

押して好位に付け、道中は5番手を追走、3・4コーナー中間あたりから差を詰めに掛かり、直線では外から前を窺いましたが、先に抜け出した勝ち馬との差は大きく、2着馬の直後に迫ったところでゴールしています。

柴山雄一騎手「前走と同じ条件ですしもっと慣れも見込めるかと思っていたのですが、ずっと促しながらの追走になってしまいました。前走と同じような位置取りで競馬をできたのは良かったですが、脚を溜める場面がありませんでした。勝った馬は自分のペースで行っていたから仕方ないとしても、前にいた馬も交わせず、ダラダラとした感じで最後まで走り切ってしまいました。もう少し距離があった方が道中脚を溜めるところができて、最後もっといい脚を使えるようになるのかもしれません」


はっかんだっつ
発汗し杉内・ブルガリア・俊哉

帰ろう・・・天栄に(・ω・`彡 )з

札幌には1000mか1700mか2400mしかないよ。
トモもまだ弱いところがありますし、無理をする時期じゃない。
芝をこなすスピードもおそらくないでしょう。

ただこの1000mの2戦は大きな経験になったのではないかなと。
おそらく次走以降は距離が伸びると思われます。
その時には追走が以前よりも楽についていけるでしょう。

今年に入って5戦していますし、ここは放牧に出て勝ち上がった中山か走ったことのある東京まで成長を待ちたい(左トモ)
新潟に間に合えばそれはそれで面白そうではありますが、最後の直線が短いもので先行有利。
どうしてもまだ二の脚がつかないウォリアーズクロスにはキツイか?
500万下を抜けるのは時間の問題かなと。
それ以上の条件で勝負できる実力をこの夏につけてくれるよう願っております。

天栄に帰るよりも涼しい北海道で過ごすほうが良いのかなぁ。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック