クードラパンの記事 (2/9)

最高の形で直線へ向いたと思ったが...クードラパン

IMG_2212.jpg

2017/01/09 <レース結果>
クードラパン
 1/8(日)中山10R サンライズステークス〔芝1,200m・16頭〕10着[3人気]

まずまずのスタートを切ると無理せず、道中は2番手を追走、そのままの態勢で直線に向き追い出しに掛かりますが、思ったような伸びが見られず、中団でゴールしています。

吉田隼人騎手「逃げた馬は速かったので、2番手からレースを進めました。ペースはそれほど速くなかったですし、道中のリズムは悪くなかったのですが、4コーナーで前を捉えに行こうとした時には手応えがスカスカで、最後はダラッとした脚しか使えませんでした。今日はテンションが高いところがありながらも、上手く折り合いが付いて良い感じで進められたと思ったのですが、逃げた時はもっと抑えるのに苦労するくらい凄く手応えが良かったので、先手を取って自分でリズムを作っていく方が良いタイプなのだと思います。馬体重は気になるほどの感じでもなかったですし、調教をやってのものでしたから問題なかったと思います」

久保田貴士調教師「勝った馬を前に見ながら、良い位置で運べることが出来たんですけどね。ペースもそれほど速くはなかったですから、もう少し粘って欲しかったところですが、逃げて勝った時と比べると、今日は走りのリズムが良くなかったように思いました。馬体重はプラス20㎏と大きく増えてはいましたが、そんなに太くは映りませんでしたし、調教を積んでのものでしたから大きな問題ではなかったと思います。この後は東京開催はパスして、次の中山開催あたりを目標にしたいと考えています」




結果から判断すると逃げの一手しかなかったのですなぁ。
たまに見せるフライングみたいなスタートが決まらないと今後も厳しいのかもしれません・・・。
言うて1600万クラスですし展開問わずに勝てる馬なら重賞級。
試行錯誤しながら一歩ずつ階段をのぼって行ってくれればなと。

次走はおそらく2月25日のアクアマリンS(中山・芝1200m)
ハンデ戦ですのでここ3戦から考えると結構貰えそうです(ニッコリ
直前で(減量苦による)騎手替わりなどないように早いうちに確保してほしいところですが・・・。

馬体の太め感はそこまでありませんでした。
いつもより腹回りはゆったりしているなと思いましたが、これまではまきあがって見えていたので。
それよりも肩回りというか幅が出たなぁという印象が強かったです。
よりスプリンター体型になってきたと言いましょうか。
+20㎏のほとんどは成長分なのだろうと思われます。
ただそれを十分に生かしきれてないようにも感じましたので、ノビシロはまだまだありそう。
また自分では気付かなかったのですが、ファインダー越しにクードラパンの顔を撮っていた方によるといつも以上に目が血走っていてそうで・・・。
パドックでも内に入ろうとするクードラパンを厩務員さんが外側に押しながら歩いていました。

馬場入りの時にも何度か吉田隼人Jを振り落とそうとしていたので気性的な面も大いに影響したのかなと。
返し馬はよかったんですけどねw
レース後もそこまで疲弊していたようには見えませんでした。
なんと言うかもったいないレースでしたねー。
勝つチャンスは十分にあると思っていただけにショックは思いのほか大きかったです。

たらればは言いたくないという性格ではなく、大好きなワイです(ニッコリ
桂川Sを飛ばしてみちのくSに向かえていればなぁw
まぁ、あの遠征がこれからの番組選択のプラスになると思っているので問題ないのですが。
本番は夏競馬だと思っていますので今は充電期間と捉えたいです。
ただ降級も待っていますのでサマーシリーズに挑戦するためには本賞金を稼いでおかないといけない・・・。

アクアマリンSは一つの転機となるレースと捉えてよいのではなかろうか?
転機とまでは言い過ぎだとしても、勝負のレースとなることは間違いない。
結果によってはダートを試すこともあるかもですね。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパン 試行錯誤の日々


2016/11/07 <レース結果>
クードラパン
 11/6日(日)福島11R みちのくステークス[芝1,200m・16頭]8着[3人気]

五分のスタートを切るもすぐに控え中団をキープ。直線は大外に出して追われると徐々に差を詰めますが、前を捉えるまではいかず、8着でゴールしています。

久保田貴士調教師「今回は控える競馬をしてもらいましたが、直線では伸びてきたものの最後は脚色が一緒になってしまいましたね。少し窮屈な所に入ってしまいましたし、控えるにしてももう一列前の方が良かったかもしれません。でもこれまでのように行かせるだけの競馬をしていては一本調子になってしまいますし、こういう競馬も経験させ教えていく方が、先々に繋がると思います。また、状態的には中1週ということもあり、フレッシュさに欠けていたように思うので、この後は放牧を挟んで暮れの中山か、年明けの番組が発表されてから検討しても良いかもしれません」


2016/11/09 <所有馬情報>
在厩場所:9日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧
調教内容:
次走予定:未定

久保田貴士調教師「競馬の後も馬体・脚元には特に異常はありませんでした。でも中1週のローテーションと輸送の疲れもあるでしょうから、一旦放牧に出し状態を見ながら次走を考えたいと思います」



前走のような競馬をしたらもしかすると結果が変わっていたのかもしれない。

しかし、その上をその先を見据えているのであれば今のうちに色々と試したほうが良い。

今回は今まで試そうとして出来なかった控える競馬をやれました。
これまでは相せざるを得なかった状況での控える競馬。
今回は良いスタートからあえて控えたかたちの競馬。

先頭で引っ張って2着まで粘りきれるスピードを持っているので道中は持ったままで追走。
折り合いも特に問題なし。
位置取りゆえに大外をぶん回すしかなくなりましたが結果は0.4秒差の8着。
2着とは0.2秒差でその中に7頭が入っていますので差はほとんどないでしょう。

ちょいと悲しかったのは溜めても1600万条件では決め手になりうる脚は持っていないことが分かったこと。
逆に言うと、やはり好意抜け出しでの粘り込みが合っているんだということが再確認できたましたね。

遠征に次ぐ遠征、そこに加えて中1週だったことを鑑みれば良く頑張ってくれたなと。
次は南総S(12月18日)か年明けか?
今年はすでに7走していますし、早めの休息でも良いのかなと思ったり・・・。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパン 桂川からみちのくへ

らぱん10

2016/10/26 <所有馬情報>
クードラパン
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

久保田貴士調教師「競馬の後も脚元には特に変わりはないですが、輸送で馬体が減っていたので、その戻り具合を見てから、今後の予定を決めたいと思います。戻りが早ければ、福島1週目・みちのくステークスに向かいたいと思います」



戻り具合を見てから・・・ですと・・・

これはデレマスわ(゚∀゚)

驚愕の回復力というユニークスキルを保有するクードラパン

回復しないでか

まぁ、関西遠征の直後ですしムリは禁物なのは確か。
元々ピリリとした気性の持ち主ですしね。

条件的には福島芝1200mはベストだと思うので頑張ってもらいたいですが・・・。
レース後は直接NF天栄へ放牧の流れで。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパン 福島へ。

らぱん京都

クードラパン
10/23(日)京都10R 桂川ステークス 1600万下(混)〔芝1,200m・13頭〕8着[4人気]

五分にスタートを決めると、スッと二の脚を活かして、道中は半馬身ほどのリードを保ってレースを先導、4コーナーから残り1ハロンまで粘り腰を見せるものの、最後は力尽き8着でゴールしました。

池添謙一騎手「スッとハナに立つことが出来ましたし、楽に自分のリズムで走っていたので、最後まで頑張ってくれると思いましたが、結果的には少しペースが速かったのかもしれませんね。息は入れづらい展開だったのは確かですが、残り1ハロンで力尽きてしまいました。最後もそこまで脚が上がったわけではありませんでしたから、結果的にもう少しペースを落として息を入れるところを作ってあげれば良かったのかもしれません。スピードは本当に抜群でしたから、展開次第でこのクラスでも十分にチャンスがある馬だと思います」

久保田貴士調教師「前走のように上手く嵌りませんでしたね。行き脚が付いてスッとハナに立つことはできましたが、前回の競馬で競り掛けられずスイスイ行かせたらしぶといとみんな分かっているから、早めに来られてしまいましたね。このクラスになるとそこまで甘くないということでしょう。この後は馬の状態に変わりがなければ福島でも良いかもしれませんが、厩舎に戻ってから状態を見て決めたいと思います」

助手「輸送後は少しテンションが高くなって、飼い葉も少し細くなってしまいましたが、レース当日はだいぶ落ち着きを保ち、飼い葉も食べるようになっていましたので、マイナス6kgでもそこまで競馬には影響がなかったと思います」



福島競馬場とは言っていない。

NF天栄も福島県だしね(ニッコリ)

福島とはおそらく11月6日のみちのくSのことでしょう。
中1週で出走はあるんやろか?

結構厳しいレースをしたような感じもしますが・・・。
長距離輸送もありましたしねー。

そのレースはというと、まぁそう毎回うまく嵌るわけないヨネー。
二の足は相変わらず素晴らしい。
楽にハナに立てました。
テレビで観たときは出していかなくていいのに~と思いましたが、リプレイを見るとそこまで追ってはいないんですね。
逆に抑えていたまでありますね・・・。
まぁ、池添Jのコメントから読み取ると道中はスムーズに走れたのではないかと。

しかし、ペースが早かった・・・。
全走りは前半34.8で、今回は前半33.8(1000mを55.9)
タイムの出やすい京都ですが、1秒も縮まれば息を入れる時間は少なくなるのでしょう・・・。
そういう意味では小回りで息の入りやすい中山の方がまだありかな、現状では。
とは言っても最後の急坂もありますし、

やっぱり福島でしょ!!

3場開催で初乗りのジョッキーになるかもですが大丈夫ではなかろうか。
レース資料も10レース分ありますしね。
3歳のこの時期で10戦してくれてるとは有り難いです(シミジミ)

また今回は8着ですがこれも地味に大きい!
8着と9着とでは天と地の差。
よく粘ってくれました88888888

まずはクードラパンの状態が第一。
いくら回復が早く健康優良児だとしても3歳馬ですからね。
無理は禁物。

無事出走できれば嬉しいですね(本音)
勝負になると思うで。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパン 京都へ行く。

クードラパン19日

2016/10/20 <所有馬情報>
クードラパン
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで19日に時計
次走予定:今週日曜の京都・桂川ステークス〔池添謙一〕

久保田貴士調教師「追い切りは19日にWコースで単走・馬なりで行いました。モタれることもなく楽に動いていましたし、いい状態を維持していると思います。53㎏のハンデは悪くないと思いますが、輸送がどうかですね。今まで関西への遠征ではあまり良い結果を残していませんからね。ただ京都のような直線平坦コースは合っていると思います。前回、リングハミに替えたところ、ガチッとハミを噛んでしまったので、今回は普通のハミに戻します」


クードラパン
 助 手 10.13南W良 52.3- 39.0- 13.4[9]馬なり余力
 助 手 10.16南W良 54.5- 39.6- 13.3[6]馬なり余力
 助 手 10.19南W良 67.8- 51.7- 38.4- 13.5[9]馬なり余力


内枠じゃなくてもこの頭数(13頭)ならいけるのでは?

それが出走表を見たときに思ったことでした。
15頭立てと13頭立ては大分印象が違いますよね?

もちろん内枠の方が嬉しいのですがw
何が何でも内枠をくれぇ~い、と言うほどでもありません。
HBC賞(札幌)のようなスタートを決めることが出来ればワンチャンあるかなと。

鞍上は池添謙一Jが初騎乗(自身にとってもお初)
競馬場が京都ですので関西主戦場の騎手が乗ってくれるのは心強いです!!

過去5年の桂川Sの傾向を見ていくと完全な前残りの競馬です。
重馬場のときこそ後ろから届いていますが、他の4年は前、前、前。
それと牝馬>牡馬という感じで斤量がものを言っていますね・・・。
また前走は最後の急坂がなければ・・・と思わないでもありませんw(勝った馬が抜けてたのは事実)

その点3歳牝馬であり前での競馬ができるクードラパンにはすべてが有利に働くはず。
関西圏への輸送には不安が残りますが、馬も成長していると思うので期待したいですね。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ